>

トイレも洗面台も簡単きれいに!

洗面台は意外と簡単に掃除できる

家族だけでなく家に来るお客様も使う場所である洗面台は、できるだけきれいにしておきたい場所です。

石鹸入れなどの横に、メラミンスポンジを準備しておきます。
歯磨きやメイクのついでに、洗面台のボウル部分をメラミンスポンジで拭き掃除してしまいましょう。
ボウルについた水垢や黒ずみも、これだけでいつの間にかなくなります。
蛇口も忘れずに拭きましょう。
しつこい汚れにはシンクと同様、重曹やお酢をつけて拭いてみてください。
ボウル部分がピカピカだと、気持ちも明るくなります。

毎日使うため、鏡にも意外と汚れがついていることは多いです。
ピカピカの鏡にするには、セスキ炭酸ソーダを水で薄めてスプレーしたあと、雑巾などで拭き掃除をします。
手垢がひどいところにはこのセスキ炭酸ソーダスプレーがおすすめ。

トイレは拭き掃除が基本

意外と掃除する箇所が多いトイレ。
1番臭いが気になる掃除でもあります。
毎日全ての箇所をしっかり掃除するのはちょっと面倒という方には、毎日のちょこっと掃除が大切です。

トイレを使ったあと、その日のうちにトイレ用のお掃除シートで便器や便座と蓋の部分、床や壁など、どこか1箇所でも拭き掃除をしてみましょう。
これだけでもしっかり掃除をする際の手間が大きく省けます。

拭き掃除をする際は、場所によって少し意識することがあります。
便器を拭くときは、便器の縁の裏側までしっかり拭きましょう。
便座も、裏側をきちんと拭くことが大切です。
どちらも、裏側が1番汚れている箇所なのでしっかり見落とさず掃除するのがポイントです。
床や壁を掃除するときは、境目に注意しましょう。
床と便器の隙間や、床と壁の境目には飛び散ったしぶきなど意外と汚れがついているんです。


この記事をシェアする