>

水周りの掃除はこまめにしないと大変なことに!

シンクを清潔に保とう

水垢がたまりやすいシンクは、毎日ちょっとした掃除をしておくことが大切です。
習慣づけることできれいなシンクを保つことができます。

シンクを使ったあと、重曹を撒いてから雑巾で水拭きすると、重曹の研磨作用により表面がきれいになります。
これだけはできれば毎日、無理ならば数日おきに行いましょう。
汚れがひどいと感じたら、メラミンスポンジでこすれば大体の汚れは落とすことができます。
シンク全体を水だけで拭けるアクリルたわしも便利です。

排水口は最も菌が繁殖しやすいところ。
だからこそ、カビなどの汚れ対策のスプレーを毎日付けることが大事です。
汚れがこびりついてひどい場合は重曹やお酢をつかって汚れを浮かせます。
5分程そのままにしたら、メラミンスポンジなどでこすればOKです。
細かな部分には古歯ブラシを使いましょう。

お風呂場はとにかく湿気を取る!

時間と体力を使うお風呂掃除も、毎日の習慣で楽にすることができます。
シャンプーなどを使うためにヌメリができやすく、浴槽には水垢がつきやすいお風呂。
これらがそもそもつきにくいような習慣をつけてしまえば簡単です。

お風呂を出る前に少し拭き掃除をしましょう。
浴槽のように広いところはアクリルたわし、蛇口などの小さなところにはメラミンスポンジを使い、水分の拭き掃除を行います。
これだけでも水垢対策はばっちりです。
鏡などの大きな平面には、スキージーを使っても良いかもしれません。
水滴をしっかりとってくれるのでとっても便利です。
スキージーがなくとも、タオルでぱぱっと水滴を拭き取るだけでも良いです。

お風呂を出る際は、排水口に溜まった髪の毛などを取っておくとヌメリの対策になります。

水分があると水垢などの汚れが付きやすくなりますから、できるだけ水分を取ることを意識して掃除しましょう。


この記事をシェアする