お付き合いをしている中で、彼の気持ちがわからないという状況が出てきます。
そういった時に思いすごしなら良いのですが、本当に気持ちが離れている場合も残念ながらあります。
気持ちが離れる時のサインとは、どういったものがあるのでしょうか。

他の女性を気にしている

彼女が大好きな時に、他の女性を気にするという男性は、あまりいません。
特に大好きな彼女といる時には、彼女しか見えなくなるでしょう。

彼が一緒に歩いていて、他の女性の方ばかりを見ていたり、気にしているようなら要注意です。
こういった状況で、手をつなごうとしたり、スキンシップをしても断られる場合もあります。
スキンシップを嫌がるようになったら、深刻とも考えられます。

イベント時に楽しくなさそう

誕生日、クリスマス、バレンタインなどは、カップルにとって幸せなイベントです。
しかしその楽しいはずのイベントを一緒に過ごしたのに、彼が楽しくなさそうであれば注意が
必要です。

男性は好きでなくなった女性とイベントをすると、「相手に悪いな」「気持ちが盛り上がらないな」など
テンションが下がってしまうからです。
イベント時に楽しそうかどうかには、注目しましょう。

会話が減った

話かけてもめんどくさそうに返事をする、会話が盛り上がらないのは気持ちが離れたサインである場合が
多いです。
好きな女性とはもっと会話をしたい、話を聞いてあげたいと思うものだからです。

泣いても関心がない

女性の涙は武器になることが多いのですが、気持ちが離れた状態では、こういった涙も武器にはなりません。
泣いていてもそれをフォローする気持ちになれませんし、うっとうしいと思ってしまうこともあります。
泣いたけれど、相手にされないのであれば、彼の気持ちが離れているかもしれません。

忙しいを理由に構ってもらえない

男性は彼女のことが好きだと、忙しくても彼女に連絡をしたいという気持ちになります。
忙しい時に全く連絡をくれない、あなたが連絡しても反応がないという時には、要注意です。

上の5つのポイントに思い当ることがあれば、潮時になっている可能性もあります。